菅原 洋一

兵庫県加古川市出身
国立音楽大学声楽専攻科卒業                                                                                            1958年タンゴ歌手としてデビュー。                                   
「知りたくないの」(67年)、「誰もいない(68年)、「今日でお別れ」(70年)が大ヒットし、                                               NHK紅白歌合戦出場、日本レコード大賞他各賞受賞。
日本を代表する実力派アーティストとしてその地位を不動のものとする。
海外アーティストとの共演、アメリカを始めとする海外公演も多く、                                                                    円熟した歌唱力は海外でも高い評価を得ている。
2005年からはクラシックスタイルに立ち返りピアノ伴奏のみのアルバムを発表。
同タイトルの全国公演「ニュークラシカルコンサート」シリーズを開催。
2015年からは「ヴォーカル×ピアノ」というシンプルなスタイルで録音するアルバムを制作。
生涯現役をモットーに、後世に歌い継ぐべき歌を歌い続けている。