金井 克子

 

8歳、西野バレエ団に入団。14歳、芸能界へのデビューとなる。
1963年、歌手としてデビュー。以後、歌って踊れるミュージカルスターとしての道を歩み始める。
1973年「他人の関係」をリリース、大ヒットとなり、《振りを真似る》が社会現象となり、日本作詞大賞大衆賞等、数々の賞を受賞。
1975年に15周年記念コンサート、1989年に30周年記念ディナーショー、2000年に40周年記念ディナーショーを開く。
1993年、ミュージカル「アニー」に出演し好評を得る。
その後ミュージカル「エニシング・ゴーズ」「シンデレラ」「アイリーン」等に出演。
2014年には、自身の代表曲「他人の関係」一青窈がカバーし話題になる。
東京・六本木STB139、BLUENOTE OSAKA、2015年からはコットンクラブに場所を移し毎年ライブショーを開催している。
そのほか、ステージ・TV・ディナーショー等多方面で活躍中。
特に、ダンサーを交えての華麗なディナーショーは好評を得ている。